気温が1度上がると、どうなるの? 気候変動のしくみ ★重版出来

978-4-86706-017-9

K・S・シュライバー 文 S・マリアン 絵 竹内 薫 監修 松永美穂 訳

A5変型・上製・93ページ ※オールカラー

発行年:2021年02月05日

ISBN:978-4-86706-017-9

定価:本体1,900円+税

在庫あり

数量:

内容

ためしよみ

 

私たちの暮らしと地球を守るために――
気候変動のしくみを知ることから始めませんか?

気候変動で何が起こるのか? カラー図解でわかりやすく解説!

 

これまでの150年で、すでに地球の気温は平均で1度上がりました。
気温が1度上がると、何が起こるのでしょうか?

前半では、地球上の気候や「温室効果」のしくみ、
また、これまでにどんな気候変動があったかなどを説明します。

そして後半では、わたしたち人間の進歩の過程で産業革命がおこり、
農業や工業が急速に発展したことや、
食生活や移動手段が大きく変化したことなどにより、
自然環境にどのような影響が出ているのかを幅広くとらえ、
豊富なイラストとともにわかりやすく解説します。

続きを見る

国連で採択された「パリ協定」で1.5度目標が掲げられているいま、
グレタ・トゥーンベリさんをはじめ世界中の若者たちが危機感をあらわにしています。
こうした状況に対して何ができるでしょうか。
わたしたちの未来と地球を守ることについて考えます。

 

◇読者対象:小学校高学年以上
*常用漢字使用 *小学5年以上の漢字にふりがな

 

【 内 容 紹 介 】

 

この150年で地球はどう変わったの?/気候と天気はどう違うの?/太陽がもたらす気候と温室効果
世界のいろいろな気候帯/寒帯はどんな気候?/熱帯と乾燥帯はどんな気候?
温帯はどんな気候?/季節を動かしている太陽/最近の気候の話/暖かい時期と寒い時期
最後の氷期に起こったこと/植物が教えてくれる気候変動/氷が教えてくれる気候変動
なぜ気候は変動するの? ①太陽と地球/なぜ気候は変動するの? ②温室効果ガス
なぜ気候は変動するの? ③大気の変化/人間の暮らしが生み出す温室効果ガス
企業が生み出す温室効果ガス /多くのエネルギーを要した産業革命/世界を1周するものづくり
リサイクルと温室効果ガス/乗り物が生み出す温室効果ガス/家庭で使われるエネルギー
食料品が生み出す温室効果ガス/どうして食料品は温室効果ガスを生み出すの?
気候への影響が少なくなる食べ方/人口増加が気候におよぼす影響
温暖化により天気が極端になっている/解けていく雪と氷/北極と南極の異変
解け始めた永久凍土/全世界で海面が上昇している/海水の温度上昇による影響
森林破壊がおよぼす影響/極端な乾燥と水による被害/温暖化の影響が大きい貧しい国々
気候変動をおさえる方法は?/再生可能エネルギーを使うメリット
環境にやさしい乗り物って?/二酸化炭素の排出量をおさえる取り組み
気候変動のスピードをゆるめるには?/地球温暖化を遅らせるためにできること
炭素の循環バランスと気候を守るために/環境を守るためのこれからの生活様式

 

●監修者あとがき(サイエンス作家・竹内 薫)
「科学者たちのいうことに耳を傾けて 一人ひとりが、いまできることをしよう」

 

★主なメディア紹介
●2021年6月27日「産経新聞」書評【児童書】
https://www.sankei.com/article/20210627-Q5MG6TLFNZKXRJX3GHOEYXO7RU/

 

_______________________________________

 

文◆クリスティーナ・シャルマッハー・シュライバー
ドイツのミュンスターとイタリアのベルガモでドイツ文学を学びながら、さまざまな新聞に寄稿。その後、各地のオペラハウスで仕事をする。2016年からフリーの作家兼翻訳家となり、児童向けノンフィクションを何冊も出版している。

 

絵◆シュテファニー・マリアン
フリーのイラストレーター兼作家。ドイツのミュンスターのデザイン学校でイラストレーションを学ぶ。在学中から作品を出版し、何冊もの絵本の出版のほか、雑誌にもイラストを提供している。ブラウンシュヴァイク近郊在住。

 

監修◆竹内 薫(たけうち かおる)
1960年東京生まれ。猫好きサイエンス作家。YES International School校長。主な著書に『99.9%は仮説』(光文社)、『宇宙のかけら』(講談社)など。地球環境問題や犬猫の殺処分問題などでも積極的に発言している。趣味は野鳥撮影、カポエイラ、ルービックキューブ。妻子と猫たちと裏横浜に在住。

 

訳◆松永美穂(まつなが みほ)
早稲田大学文学学術院教授。専門はドイツ語圏の現代文学と翻訳論。訳書にベルンハルト・シュリンク『朗読者』(新潮社、第54回毎日出版文化賞特別賞受賞)、カトリーン・シェーラー『ヨハンナの電車のたび』(西村書店、第20回日本絵本大賞翻訳絵本賞受賞)など。

 

★こちらもチェック!
________________________________________

『グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる』

 

 

 

『グレタのねがい 地球をまもり 未来に生きる』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『みずたまのたび』

 

 

 

『みずたまのたび』

 

 

 

 

_________________________________________________

『わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち』

 

 

 

『わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『男の子でもできること』

 

 

 

『男の子でもできること みんなの未来とねがい《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マララさん こんにちは』

 

 

『マララさん こんにちは 世界でいちばん勇敢な少女へ』

 

 

 

_________________________________________________

『マララの物語』

 

 

 

『マララの物語 わたしは学校で学びたい』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヨハンナの電車のたび』

 

 

 

 

 

『ヨハンナの電車のたび』

 

_________________________________________________

『キツネとねがいごと』

 

 

 

『キツネとねがいごと』

 

 

 

 

_________________________________________________

『たいこたたきの少年』

 

 

 

『たいこたたきの少年』

 

 

 

 

_________________________________________________

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ナミコとささやき声』

 

 

 

『ナミコとささやき声』

 

 

 

 

_________________________________________________

『気温が1度上がると、どうなるの?』

 

 

 

『〈地球の未来を考える〉気温が1度上がると、どうなるの? ~気候変動のしくみ~』

 

 

 

 

 

_________________________________________________