ほんとうのことしかいえない真実の妖精 ★新刊

978-4-86706-020-9

マット・ヘイグ 文 クリス・モルド 絵 杉本詠美 訳

A5変型・上製・120ページ ※総ルビ

発行年:2021年03月10日

ISBN:978-4-86706-020-9

定価:本体1,200円+税

在庫あり

数量:

内容

ためしよみ

 

イギリスのベストセラー作家 マット・ヘイグがおくる、
子どもの心によりそう物語。

真実の妖精は、どんなときもほんとうのことをいってしまうせいで、
友だちができなくて、落ち込んでいました。
ある日、トロルをおこらせて、ほうりなげられてしまいます。
真実の妖精が飛んでいった先は、人間の女の子の家でした。
その子に、「自分の未来について、ほんとうのことをいってほしい」とたのまれるのですが……。
〈自分を受け入れること〉についての、心あたたまる物語。

 

▼こちらから紹介動画をご覧いただけます!(英語ナレーション/日本語字幕つき)

https://youtu.be/87otEYeWSsw?t=4

 

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

●ジャーナリスト 増田ユリヤさん 推薦

「なやみごとは、こっそり真実の妖精に打ち明けてみて。きっと笑顔になれるはず!」

★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★_★

 

~イギリスの書評より~
★「子どもの健やかな心を支える物語。おもしろくスリリングで、心があたたかくなる。」 (デイリーエクスプレス)
★「落ち込んだとき、どうやって立ち向かい、自分を受け入れればいいのかを教えてくれる。」 (タイムズ)

 

________________________________________________

 

文:マット・ヘイグ(Matt Haig)
イギリスの作家。大人向けの作品に、『今日から地球人』『♯生きていく理由 うつ抜けの道を、見つけよう』(早川書房)などがある。児童書作品で、ブルー・ピーター・ブック賞、ネスレ子どもの本賞金賞を受賞。息子に「ファーザー・クリスマスはどんな子どもだったの?」とたずねられ、『クリスマスとよばれた男の子』を執筆。続編に『クリスマスを救った女の子』『クリスマスをとりもどせ!』がある。この「クリスマスは世界を救う」シリーズ全3 卷は「クリスマス・ストーリーの新定番」としてイギリスで人気をよんでいる(いずれも西村書店)。

 

絵:クリス・モルド(Chris Mould)
イギリスの作家、イラストレーター。文と絵の両方を手がけた作品を多数発表するほか、『ガチャガチャゆうれい』(ほるぷ出版)など多くの子どもの本のイラストも担当し、ノッティンガム・チルドレンズ・ブック賞を受賞。「クリスマスは世界を救う」シリーズ全3 卷(西村書店)のイラストも手がけている。子どものころの自分が喜びそうな本を書くのが楽しみ。

 

訳:杉本詠美(すぎもと・えみ)
広島県出身。広島大学文学部卒。おもな訳書に、『テンプル・グランディン 自閉症と生きる』(汐文社、第63回産経児童出版文化賞翻訳作品賞を受賞)、『シロクマが家にやってきた!』(あかね書房)、『いろいろいろんなかぞくのほん』(少年写真新聞社)、「クリスマスは世界を救う」シリーズ全3 卷(西村書店)。東京都在住。

こちらもチェック!
_________________________________________

『クリスマスとよばれた男の子』

 

 

 

『クリスマスとよばれた男の子』

 

 

 

 

_________________________________________________

『クリスマスを救った女の子』

 

 

 

『クリスマスを救った女の子』

 

 

 

 

_________________________________________________

『クリスマスをとりもどせ!』

 

 

 

『クリスマスをとりもどせ!』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ほんとうのことしかいえない真実の妖精』

 

 

 

『ほんとうのことしかいえない真実の妖精』

 

 

 

 

_________________________________________________