ぼくはただ、物語を書きたかった。 ★2022年2月上旬

978-4-86706-028-5

ラフィク・シャミ 著 松永美穂 訳

四六判・上製・232ページ

発行年:2022年02月上旬

ISBN:978-4-86706-028-5

定価:本体1,700円+税

近日刊行予定

内容

1971年、紙の宝物を抱えてぼくはドイツに降り立った――。
エンデと並び称されるドイツの児童文学者が亡命の50年と作家人生を語る、渾身のエッセイ。

ミヒャエル・エンデと並び称され、
ドイツを代表するベストセラー作家として活躍するラフィク・シャミは、
20代でシリアから亡命し、50年間をドイツで生きてきた。

亡命前後の揺れ動く心情、ドイツ語の作家・語り部になるまでの紆余曲折、
変わらぬ信念と創作の舞台裏を、初めて率直に明かす。
シャミの人生が活写された渾身のエッセイ。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

著◆ラフィク・シャミ(Rafik Schami)
1946年シリアのダマスカス生まれ。亡命後1971年よりドイツ在住。1982年以降、作家として活動し、世界150万部のベストセラー『夜の語り部』や『空飛ぶ木』『言葉の色彩と魔法』(以上、西村書店)などを発表。ドイツ語圏におけるもっとも成功した作家のひとりであり、作品は30以上の言語に翻訳されている。1987年、『片手いっぱいの星』(岩波書店)でチューリヒ児童文学賞、1993年、ドイツ語を母語としないドイツ語作家に贈られるシャミッソー賞、2010年、『愛の裏側は闇』(東京創元社)でIPPY(独立出版社書籍賞)ゴールドメダル賞、2011年、忘却に抗し民主主義を支援する文学に対して贈られるゲオルク・グラーザー賞など、受賞多数。

 

訳◆松永美穂(まつなが みほ)
1958年愛知県生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門はドイツ語圏の現代文学・翻訳論・ジェンダー論。著書に『誤解でございます』(清流出版)、訳書に『朗読者』(新潮社)[毎日出版文化賞特別賞]、『夜の語り部』『ナミコとささやき声』『言葉の色彩と魔法』、絵本の訳書に『ヨハンナの電車のたび』 [日本絵本賞翻訳絵本賞](いずれも西村書店)がある。

 

 

★こちらもチェック
________________________________________

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

『言葉の色彩と魔法』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

『こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし』

 

 

 

 

_________________________________________________

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

『夜と朝のあいだの旅』

 

 

 

 

_________________________________________________

『マルーラの村の物語』

 

 

 

『マルーラの村の物語』

 

 

 

 

_________________________________________________

『空飛ぶ木』

 

 

 

『空飛ぶ木』

 

 

 

 

_________________________________________________

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

『モモはなぜJ・Rにほれたのか』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ミラード』

 

 

 

『ミラード』

 

 

 

 

_________________________________________________

『気温が1度上がると、どうなるの?』

 

 

 

『〈地球の未来を考える〉気温が1度上がると、どうなるの? ~気候変動のしくみ~』

 

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

『ヒーロー 家族の肖像』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ナミコとささやき声』

 

 

 

『ナミコとささやき声』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ヨハンナの電車のたび』

 

 

 

 

 

『ヨハンナの電車のたび』

 

_________________________________________________

『キツネとねがいごと』

 

 

 

『キツネとねがいごと』

 

 

 

 

_________________________________________________

『たいこたたきの少年』

 

 

 

『たいこたたきの少年』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ぼくはただ、物語を書きたかった。』

 

 

 

『ぼくはただ、物語を書きたかった。』

 

 

 

 

_________________________________________________