カラー 世界 パンデミックの記録 コロナに立ち向かう人類の挑戦

978-4-86706-034-6

マリエル・ウード 編 AFP通信 写真  青柳正規 日本語版監修 前島美知子 訳

B5判横・上製・228ページ

発行年:2022年5月14日

ISBN:978-4-86706-034-6

定価:本体3,500円+税

在庫あり

数量:

内容

ためしよみ

▶『カラー 世界 パンデミックの記録』特設ページ公開中

 

世界パンデミックの記録サンプルp177

世界パンデミックの記録サンプルp121

 

 

 

 

 

 

▶NetGalley(ネットギャリー)で一部ページを「すぐ読み」できます。

 

▶オンラインショッピングで購入

世界で何が起きていたのか。
2020年年明けから2021年春までのあいだ、
AFP通信が世界で撮影した風景と人々の写真481点を収録した写真集。

瞬く間に世界を覆った新型コロナウイルス。
2020年冬から2021年春までのあいだ、
AFP通信は未曽有の事態に直面した世界各地の光景と人類の姿を撮影してきた。

中国に、インドに、スペインに、セルビアに、ポーランドに突如野戦病院が出現した。
日本でもエルサルバドルでも、マスクのある生活は当たり前となり、
ソーシャルディスタンス、テレワークは日常となった。
オリンピックも延期された。

緊急事態宣言やロックダウンが実施され、
赤の広場からも、シャンゼリゼ通りからも、サン・マルコ広場からも、タイムズスクエアからも、
人の姿はなくなった。
韓国でも、コロンビアでも、街や教会など人が集まるところはすべて徹底して消毒された。

病床は足りなくなった。
ニューヨークでは遺体置き場が、メキシコシティでは墓場すら、足りなくなっていった。
家がないベルギーのホームレスやセネガルの遊牧民は、途方に暮れるしかなかった。
常に緊張を強いられる医療従事者の顔からは、なかなかマスクの痕が消えない。

しかし、人類は挫けない。
本書は、「疫病の真っ只中で学んだのは、
人類には軽蔑することより賞賛することのほうが多いということだ」という
カミュ『ペスト』の一文からはじまる。
人々の連帯感や創造性、息遣いまでもが活写された、何度でも振り返りたい写真集。
本書は、未来への道しるべとなるであろう、「希望に満ちた」地球の記憶である。

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

■61の国と地域、165の都市や町、481点の写真。
■各国からの声――世界の著名人が寄せたエッセイ5本を掲載。
■日本語版の出版に際し、写真を増補。

 

●AFP(フランス通信社、Agence France-Presse)
パリに拠点を置く国際通信社。1835年に設立された世界最古の報道機関。
AP通信、ロイターにならぶ世界三大通信社のひとつで、世界150カ国以上に海外支局がある。
日本語では「AFP通信」とも呼ばれる。

 

★主なメディア紹介
●日刊ゲンダイ2022年6月24日 書評掲載
日刊ゲンダイDIGITAL BOOKSニュース
●『週刊読書人』2022年7月1日号/評者 山岸 剛(写真家)
書評専門紙『週刊読書人』読書人WEB

 

________________________________________________________________________________

 

〈 編者・日本語版監修者・訳者 プロフィール 〉

 

編●マリエル・ウード(Marielle Eudes)
フランス国立東洋言語文化大学(INALCO)でロシア語とアラビア語を習得し、パリ政治学院で学んだ後、1987年にAFP通信(フランス通信社)にジャーナリストとして就職。ロシア専門として1990年代初頭からモスクワ赴任、コソボ紛争を含むソ連崩壊後の15年以上を追う。特にチェチェンの紛争に関し、1995年にAFPモスクワ事務所としてアルベール・ロンドン賞受賞。2006~2007年にパリに帰任しAFP経営管理、人事管理、大規模交渉などを担当し、現在は10年に渡り写真部門統括を務める。

 

日本語版監修●青柳正規(あおやぎ・まさのり)
多摩美術大学理事長、東京大学名誉教授。1944年大連生まれ。古代ギリシャ・ローマ考古学者。1967年東京大学文学部美術史学科卒業。国立西洋美術館館長、独立行政法人国立美術館理事長、文化庁長官など歴任。2006年紫綬褒章受章、2017年瑞宝重光章受章、2021年アメデオ・マイウーリ国際考古学賞受賞、文化功労者。ポンペイ「エウローパの舟の家」、シチリアのレアルモンテのローマ時代別荘、ソンマ・ヴェスヴィアーナのいわゆる「アウグストゥスの別荘」の発掘にあたる。著書に『皇帝たちの都ローマ』(中公新書)[毎日出版文化賞] 、『興亡の世界史 人類文明の黎明と暮れ方』(講談社学術文庫)、監訳書に『地図を旅する 永遠の都ローマ物語』(西村書店)などがある。

 

訳●前島美知子(まえじま・みちこ)
慶應義塾大学大学院(修士)修了後、2005年にパリに渡り、建築史研究のかたわら、ワインやモード業界での通訳や翻訳を手がけ、フランス文化と世界の関係について新たな視座を開拓中。共著書に『サンゴバン ガラス・テクノロジーが支えた建築のイノベーション』などフランスでの出版物、訳書に『パリの街並みと暮らし 知られざる魅力』『ぼくは建築家 ヤング・フランク』(以上、西村書店)など。フランス国立科学研究センター(CNRS)ポスドク研究者、ユネスコ日本政府代表部(パリ)専門調査員を経て、現在、CNRS共同研究室(AHTTEP)研究員および個人事業主(通訳・コンサルティング、フランス)を兼任。学術博士(日本、フランス)。

 

こちらもチェック!

_________________________________________

『世界 時空の歴史大図鑑』

 

 

 

『世界 時空の歴史大図鑑』

 

 

 

 

_______________________________________________

『民主主義にとって安全な世界とは何か』

 

 

 

『民主主義にとって安全な世界とは何か 国際主義と秩序の危機』

 

 

 

 

_________________________________________________

『幸福』
『世界の学者が語る「幸福」』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『私はどこで生きていけばいいの?』

 

 

 

『私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

 

_________________________________________________

『すごいね! みんなの通学路』

 

 

 

『すごいね! みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》』

 

 

 

_________________________________________________

『マンデラ』
『ネルソン・マンデラ その世界と魂の記録』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『スピルバーグ』
『スピルバーグ その世界と人生』

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ピカソの私生活 創作の秘密』

 

 

 

『ピカソの私生活 創作の秘密』

 

 

 

 

_________________________________________________

『世界の発掘現場と冒険家たち』
『考古学ふしぎ図鑑 世界の発掘現場と冒険家たち』

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『ヤング・フランク』
『ぼくは建築家 ヤング・フランク』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー 世界 パンデミックの記録』
『カラー 世界 パンデミックの記録 コロナに立ち向かう人類の挑戦』

 

 

 

 

 

 

 

_________________________________________