天才学者がマンガで語る 脳

978-4-89013-740-4

マテオ・ファリネッラ/ハナ・ローシュ 著 安德恭演 訳 

四六判・並製・136ページ

発行年:2016年03月20日

ISBN:978-4-89013-740-4

定価:本体1,200円+税

在庫あり

数量:

内容

ためしよみ

 

わかりやすい! おもしろい! マンガでみる脳の世界!!

●ニューロンって何?/情報はどのように伝わるの?
●五感(見る・聞く・触る・味わう・嗅ぐ)のしくみは?
●記憶はどのようにつくられるの?/ドーパミン・セロトニン・GABAって何?
ひとりの青年が、美しい女性と出会う。
追いかけていくと、いつしか、「脳の世界」へ迷い込み……。

ニューロンの森、記憶の洞窟、海中の巨大イカとの冒険を通して、
脳のつくり、神経細胞のはたらき、ヒトの五感(見る・聞く・考える・味わう・触る)の機能、
脳の中の化学物質の作用、記憶のしくみなどを知り、脳の中を探検していきます。

 

脳科学の発展に貢献した、ゴルジ、カハール、カンデル、ホジキン、シェリントン、パブロフなど、
著名な世界の科学者たちが登場。
会話のやりとりを楽しみながら、脳の秘密を優しく、わかりやすく学ぶことができます。

 

また、ドパミン、セロトニン、アセチルコリン、グルタミン酸など、
脳の中の化学物質を擬人化してわかりやすく紹介。
さあ、マンガで読み解く脳の世界へ出発しましょう!

 

 

_____________________________________________

 


マテオ・ファリネッラ(イラスト)
神経科医・医学書のイラストレーター。神経科学の博士号をもつ。UCL、ハーバード大学、コロンビア大学と協同で科学分野コミックを刊行。
ハナ・ローシュ
UCL教授。神経科学・生理学・薬理学の研究者。

 


安德恭演 あんとく・やすのぶ
1951年生まれ。九州大学医学部卒。現在は神経内科の専門医として、湘南ホスピタル、間中病院等で診療。主な著書『イラストでわかるPT・OT・STのための神経内科学』『漫画でみる神経内科 パーキンソン病』。

 

★こちらもチェック!
________________________________________

『脳のしくみ』

 

 

 

『生命ふしぎ図鑑 脳のしくみ 4億年の歴史を探る』

 

 

 

 

_________________________________________________

『カラー 生物・生命科学大図鑑 -未知への探求-』
『カラー 生物・生命科学大図鑑 -未知への探求-』

 

 

 

 

 

 

_________________________________________

『脳とからだ』

 

 

 

『生命ふしぎ図鑑 脳とからだ 運動、感覚、思考のひみつ』

 

 

 

 

_________________________________________________

『からだのしくみとはたらき』

 

 

 

『からだのしくみとはたらき』

 

 

 

 

_________________________________________

『カラー人体図鑑』

 

 

 

『ビジュアル・アナトミー カラー人体図鑑』

 

 

 

 

_________________________________________________

『ボーニー』

 

 

 

『ペーパークラフト・ブック ボーニー 人体骨格模型 改訂版』

 

 

 

 

_________________________________________________

『動物言語の秘密』

 

 

 

 

 

『動物言語の秘密』

 

 

_________________________________________________

『発光する生物の謎』

 

 

 

 

 

『生命ふしぎ図鑑 発光する生物の謎』

 

 

 

_________________________________________________

『脳コミック』

 

 

 

『天才学者がマンガで語る 脳』